So-net無料ブログ作成
クレジットカード現金化とは ブログトップ

クレジットカード現金化のまとめ [クレジットカード現金化とは]

クレジットカードのショッピング枠の現金化について、

ここで一度、まとめてみたいと思います。

現金化業者では、以下のように現金化が行われます。

①客(カード保有者)は、業者の指定する商品(商品券等の金券)をカードで購入します。

②業者は、客の買った商品を買い取りその代金を客の銀行口座に振込みます。
(この段階で客は、カードのショッピング枠を現金化できたことになります)

③業者は客から買い取った金券をショップで販売するか、商品販売元に返品して現金を受け取ります。

業者によりますが、客へは購入金額の60~90%程度でショッピング枠を現金化してくれます。

どうしても現金が必要な方には便利なシステムに思えますが、
次の以下のような問題点があります。

【問題点1】実際は極端な高金利になる
クレジットカードで買物をする際には、一括払い、リボルビング払い、分割払いなどを選べますが、
最終的にはカード会社に支払することになります。

その為、実際に受取った手取り現金に対して、カード会社へ支払う金額の差額を考えると、
予想外の高金利であることがわかります。

例として10万円分の商品をカードで購入し、業者に換金率80%(8万円)で現金化した場合ですと、

(ケース1)
カードの支払い方法: 一括払い 支払いは1ヵ月後
換金率: 80%の場合
実質年利: 300%

(ケース2)
クレジットカード支払い方法: リボルビング払い 2万円/月(年利14.4%)
換金率: 80%の場合
実質年利: 59.4%  

上記の金利からわかるように消費者金融で融資を受けるよりもはるかに高金利となります。

また試算では80%での換金を前提としていますが、
実際にはそれ以下の70%程度のことのほうが多くより高い実質年利となります。


【問題点2】クレジットカード会社の規約違反(禁止事項)となる。
多くのクレジットカード会社はショッピング枠の現金化することを明確に禁止しています。

そのため現金化していることをカード会社に発覚した場合には、
クレジットカードの使用が停止される可能性があり、
最悪は退会処分となります。


【問題点3】現金化業者が信用できない
現金化業者の多くはホームページやチラシに告知している条件(換金率)と、
実際に利用した場合に差があるケースがあります。
換金率90%と表示してある横に(最大)などと小さく書いてある場合があり、
なんだかんが理由を付けて、手数料などの名目で換金率が悪くなるケースがほとんどです。
信用度の点で消費者金融を大きく下まわるため安心とは言えません。


nice!(0) 

「カードでお金」には十分注意! [クレジットカード現金化とは]

カードのショッピング枠を現金化、換金!

最近、繁華街などで「カードでお金」という看板を多く見かけます。

何の事だか、意味がわからないという人も少なくないのではないでしょうか。

これは、自分の持っているクレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる、

いわゆる「クレジットカード現金化」の業者の広告です。

 

クレジットカードには通常、「キャッシング枠」と「ショッピング枠」の2つのご利用限度額があります。

「キャッシング枠」を既に限度額まで使ったしまい、これ以上キャッシングできない方でも、

「ショッピング枠」は余裕がある方が多いのではないでしょうか。


サラ・クレで苦しんでいる人には救いの神!

これは多重債務者には一瞬嬉しいサービスです。

多重債務に陥っている人は、消費者金融数社で目いっぱい借りていますし、

クレジットカードでもローンやキャッシングでよく利用しているため、

これ以上は借入れができないという状況にあることが多いのです。

しかし、そうゆう人でも「ショッピング枠の限度額までは、まだ余裕がある」ということがあります。

そこに目をつけた商売が「カードでお金」などの「クレジットカード現金化」なのです。

ですから、サラ・クレで借りすぎてもうクビが回らなくなった人にはある意味で救いの神。

この資金を返済にあてればまだまだ自転車操業が可能になると考え飛びつくのです。

 


nice!(0) 

クレジットカード現金化?ショッピング枠現金化でしたっけ?カードで換金でき... [クレジットカード現金化とは]

唐突ですけど、最近やりきれない話題を多く目にしますね。

それでは、カードでお金を得る口コミ情報を以下に、、、

クレジットカード現金化?ショッピング枠現金化でしたっけ?カードで換金できるやつです
至急30万円くらいお金が必要なんですが、消費者金融でお金を借りるか、
VISAカードを持ってるので、クレジットカード現金化?ショッピング枠現金化でしたっけ?っていうので現金に換えるか、迷っています。
あれってあやしい会社じゃないんでしょうか?
あやしくないなら早そうなんで、使ってみたいと思うんです。
使ったことのある方いらっしゃいますか??


- 回答 -
還元率90%で計算し、カード現金化の際に手残りで30万円を得ようとしたら、
約334,000円の商品を購入する必要があります。

勿論、翌月にはカード会社から334,000円の請求が来ます。
実質、300,000円を借りて、1ヶ月34,000円の利息をつけて返済するのと同義。

これを年利に直すと、136%です。
(30万*136%/12ヶ月=34,000円)

さて、消費者金融で借りたとして、年利はいくらでしょうか?
少なくとも、闇金でもない限り、年利136%も取る所なんて無いと思いますが。

これを考えたら、カード現金化なんてとてもじゃないが手を出せなくなると思うのですが。
カードのキャッシング枠で足りないのであれば、「カード現金化以外の方法」で借りる方法を考えましょう。
消費者金融で借りた方がまだマシ。

カード現金化は、ブラックすぎてどこからもお金を借りれない破産寸前の人が、
最後に泣きつく最終手段のようなものです。
もっとも、そんな状況にある人が、現金化した翌月のカード会社からの請求を払えるわけがないですよね?

そんな商売をする会社、怪しくないと思える方が不思議です。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

では、また!


nice!(0) 

ご存知ですか?クレジットカードの現金化サービス [クレジットカード現金化とは]

クレジットカードの現金化サービスというものをご存知ですか?

簡単に言うとクレジットカードのショッピング枠を使って買い物をして、
その購入金額の何割かを現金として手に入れる(キャッシング)というもので、
不正利用の為にカード自体を買い取るとかそういったものではありません。

例えば、クレジットカードで10万円の買い物をして、8万円の現金をキャッシュバックしてもらうといった感じです。

買い物といっても、実際に利用者が何か貴金属類や、金券を買ってくるという必要はなく、クレジットカードの現金化業者が独自のクレジット決済システムで全て行いますので、煩わしさはありません。もちろん即日での現金化も可能です。

このサービスは、キャッシング枠の限度額が一杯の方や、消費者金融を敬遠されている方、学生や主婦、ローンカードを作っている時間がない方、家賃等の支払いや、事業の運転資金、ギャンブルの軍資金、その他の急な出費に役立つとして、週刊誌などでも話題になっているようです。

これには大きく分けて店舗型とオンライン型の2種類があります。

しかし、このオンライン型、誰にも顔を見られずにこっそりと現金化が出来て便利なのですが、一つ重大な落とし穴が・・・
実は、オンライン型は業者との対面がない為、詐欺業者が横行しているという側面もあるのです。


JCBカードのクレジットカード現金化
JCBカード現金化は一般的に難しいと言われています。
以前、クレジットカード現金化会社の電話担当さんから、JCBの場合、決済が通りにくいという話を聞きました。
これは、JCB自体がクレジットカードの現金化を良くないものとし、決済業者への締め付けを行っているからだそうです。

でも、使えるクレジットカードがJCBしかない、という場合も少なからずあるはず。
私も、ここならいけるかも!と、クレジットカード現金化の会社に申し込んでも、決済が通らず、
いくつかの業者をたらい回しになったことがあります。


業者の選定
あなたがクレジットカードのショッピング枠の現金化を行うとして、まず何をしますか?
まずは安全な業者の選定、還元率や入金日の比較をしますよね?

ネットを使ってちょっと調べただけでも、かなりの業者がヒットします。
でも、その業者自身のホームページを見たところで、その業者が本当に安全かどうかなんて分かりませんよね?
ですから、多くの人がクレジットカードの現金化を比較している所謂『比較サイト』を見るのだと思います。

でも、その現金化比較サイト(このブログも含めてw)って本当に信用できるのでしょうか?

現金化比較サイトの運営者の90%の目的はアフィリエイトです。平たく言ってしまえば、あなたが現金化することによって発生する成果報酬が欲しいのです。私もですがw

お金に目が眩んでいるアフィリエイター達は、自身のサイトで『優良業者を徹底比較検証』と謳いながらも実際には比較すらせずに、ひたすら現金化サイトの宣伝に終始するサイトを量産しています。
酷いのになると、バナーとテキストリンクを貼り付けただけなんていう比較サイトさえ存在します。

ちょっと頭のいいアフィリエイターちゃんは、きちんと現金化業者のランク付けによる比較を行っています。
そして、もっともらしい理由をつけて、アフィリエイトの成果報酬が一番高い現金化業者をイチオシとして紹介します。

また、時々、比較サイトの業者紹介コメントで『検証の為に実際に利用しましたが、非常に優良な業者さんでした』という文言をよく見ますが、素人が検証のために自ら何万円もの投資をするでしょうか?
多くの比較サイトが紹介している取引方法や業者の詳細などが曖昧で、電話調査すらしてないと思います。


もう一つの現金化サイトの目的、それは現金化業者自身による自作自演=宣伝です。
一般的に現金化業者は、激化する競争に勝ち残るため、一つの現金化サイトのみでなく複数の現金化サイトを運営していると言われています。
そこで、自社の現金化サイトのみをベタ褒めした比較サイトを立ち上げ、集客を図っているようです。


クレジットカードの現金化をするとどうなる? [クレジットカード現金化とは]




実際にクレジットカードを現金化するとどうなるのでしょうか。
それについてはあまり解説されることがなかったと思うのですが、ここで改めて考えたいと思います。

クレジットカードを現金化、ということはカードを使って現金が手に入ることになりますので、それによってお金をもらえるかのように思う方もいるかもしれません。
物理的に言えば同じと言えるでしょう。しかし、クレジットカードを使うという以上、支払いは発生しますので結果としてほとんど借金と同じですよね。買った代金の分だけ後で自分で支払うのだということは自覚していなければなりません。

これまでたくさんの方にお問い合わせいただく中で、その支払いの必要性という認識が抜け落ちているのではないかということがよくありました。
はたから見ると都合のいい勝手な考え方だと思われそうですが、現金がすぐ手に入るということがそれだけ重要で、文字通り落とし穴というか忘れられてしまうのもしょうがないかもしれません。

クレジットカードの現金化をひとことで説明すると、換金性の高い商品を買い、また改めて売ることで現金を得るという方法です。
この売ると言いますか換金する所でさまざまなやり方があるかと思いますが、おおざっぱに言うとそういうことになります。

クレジットカードを使って商品を買うのですから、後日カード会社に対して支払いの義務が発生することを忘れてはいけません。
ただ支払い自体は1ヶ月以上先になりますので、一定の時間稼ぎができることを考えると、それも利点のひとつと考えることができるでしょう。

また一括払いで商品を購入して、後でやっぱりお金がなくて一括は難しいということになっても、カード会社によっては手続してリボ(分割)払いにすることができます。
そうして毎月の支払額を変えることができるので、経済的な余裕も生まれるでしょう。そのようなサービスを使うのも一つの手かもしれません。


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら



業者を使わないカード現金化の裏技 [クレジットカード現金化とは]




カンタンにネット上だけで、
安心してクレジットカードのショッピング枠を
現金化する体験談の口コミをお教えします。


この裏技は、いわゆる専門業者を使わない方法の体験談です。


実は、この体験談の口コミは、偶然目に止まったものです。

その方法とは、このサイトを使った方法です。

メディア・ライツ
http://m-rights.com/

「メディア?ライツ?」と思った方。そうなんです、ぜんぜん現金化とは関係ないサイトなんです。


このサイトは、いわゆる著作権フリーの素材をダウンロード販売しているサイトですが、

実はココ、クレジットカードでダウンロード購入後に、キャンセル返金(銀行振込)に対応してくれるのです。

普通、この手のダウンロードサイトは、
デジタルデータの商品が簡単にコピーできてしまうので、キャンセル不可なのですが・・・

実はそこがポイントで、このサイトでは、キャンセルに対して、一律
10%のキャンセル料を課しているわけです。
素材をタダで根こそぎダウンロードさせない為の対策ですね。


私が利用した時は、56,100円の素材をカードで購入。

その後、サイトのキャンセルの申込み受付にて、
返金の銀行口座を指定します


3日後、自分の銀行口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
50,070円が振り込まれました!
(56,100円 ― キャンセル料金10%:5,610円 ―振込手数料420円)

サイトで購入に際には入力する情報は、氏名とメールアドレスのみ。
カード決済は、PayPal決済でした。

現金がどうしても必要な時には、簡単で安全は方法だと思います。

ただ、振込みには3日位かかるので
今すぐ現金が必要!という方は不向きです。



カードのショッピング枠現金化とは? [クレジットカード現金化とは]



クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。

例えば、ショッピング枠の限度額が50万円の場合は、キャッシング枠は15万円といったことです。


クレジットカードを作って直ぐは、カード会社への信用が低いのでキャッシング枠は通常低く設定されています。

クレジットカードショッピング枠現金化とは、商品を購入したと見せかけ、ショッピング枠の限度近くまで売上伝票を上げ、その金額の70%~90%を利用者に現金でキャッシュバックするというものです。

なんとも怪しい商売ですが、新聞、雑誌、看板、インターネット上では、合法的な商売であると宣伝し、顧客を集めています。

では、クレジットカードショッピング枠の現金化業者が主張するように、本当に合法なのでしょうか?

合法な取引だと信用し、現金化業者を利用したカード会員に、不利益が及ぶことが無いのでしょうか?

こうした商売は、クレジットカードを用いた代金決済という仕組みの盲点を突いたものです。



現金化業者を使わない裏技体験談はこちら




クレジットカード現金化を利用したときの返済 [クレジットカード現金化とは]

クレジットカードの現金化を利用した場合、
ショッピングをしたという体裁で現金化が実現されるため、通常のショッピングと同様に商品代金は後日カード会社へ返済することになります。

最終的にお客様のお手元に入る金額と返済額について具体例を挙げご説明します。
100,000円を換金率80%で現金化した場合、お客様にキャッシュバックされる金額は80,000円です。

・お客様がカード会社ヘ一括払いで返済する場合

カード会社への金利は発生しませんので返済額は100,000円です。
80,000円を手に入れて100,000円の返済なので、お客様は20,000円の赤字です。

・お客様がりぼ払いなど分割で返済する場合

例えば5回払いで年利15%の分割の場合、概算で6,250円(100,000円×15%×5/12)が利息として請求されるので返済総額は106,250円。 80,000円を手に入れて106,250円の返済なので、お客様は26,250円の赤字となります。
以上のように現金化は、資金の都合をつけることができるかもしれませんが最終的にお客様のご負担が
軽減されるわけではないことを理解して下さい。

ショッピング枠の現金化はあくまでも一時しのぎ的な現金の調達方法であり、返済見込みの十分ある方には便利なサービスかもしれません。

多重債務を抱え返済にお悩みのお客様が現金化をご利用することはお勧めできません。
債務の根本的解決を目指すためには現金化ではなく弁護士や司法書士といった専門家が対応する無料相談窓口など多数存在しますので、そちらにご相談されることを強くお勧めします。


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら



公共料金をクレジットカードで支払う裏技 [クレジットカード現金化とは]


毎月毎月かかる公共料金。
電話代や電気代、ガス代、水道代。

基本的にこれらの公共料金は、現金での支払いしかできないことになっています。

しかし、実は一部のコンビニでは、コンビニが発行するクレジットカードで公共料金の支払いができてしまうのです。

引き落としも後になるので金利的に運用できたことになります。
またクレジットカードにポイント制などがあれば、その分を得できてしまいます。
公共料金はクレジットカード支払いができないという常識を覆す裏技です。
それではその方法をご紹介します。

【ファミリーマートで支払う!】
コンビニもいくつか数はありますが、その中のファミリーマートで発行するクレジットカード 「ファミマカード」 で公共料金を支払うことができてしまいます。
このカードで支払えば、クレジットカードの引き落としの日まで、お金を払わなくてもよくなりますので、現金がないときには助かるかもしれません。

このカードは、年会費も無料。

さらに、公共料金の支払い分に対してもクレジットカードのポイントが貯まるのです。
さらにさらに、このカードがあれば、特定の曜日にファミリーマート内の商品が割引で変えてしまうという特典まであるのです。

無料で作れるこのカード。
もしファミリーマートをよく利用する方であれば、ぜひぜひ持っておきたい1枚です。






 

クレジットカード現金化の様々な問題点 [クレジットカード現金化とは]


クレジットカードのショッピング枠を現金に換金する、いわゆる”クレジットカード現金化”は、確かに、目の前の返済や支出に追われている人にとっては、手軽に現金を手に入れることができ手段ではあります。

しかし、クレジットカード現金化には様々な問題点があります。

◇大きな自己負担

仮に、換金率80%で10万円を現金化業者を利用した場合、カード会社からは10万円分の請求が来ます。換金率80%だと8万円を手にすることが出来ます。

しかし、利用者の多くはカード会社の支払いを分割払いやリボ払いで購入しているでしょうから、カード会社への金利手数料も含めると、さらに負担額は大きくなります。

目先の8万円のために、最終的には10万円+リボ払等の金利も払わなければなりません。


◇カード会社の規約違反

クレジットカードのショッピング枠の現金化はクレジットカード会社の規約違反に該当します。
何らかの商品をカードで購入した場合、購入代金全額(+金利手数料)を支払うまでは、商品の法律上の所有権はカード会社にあります。

支払い前にそれを売ってしまうわけですから、これは当然規約違反です。

したがって、カード会社からは強制的に解約退会されます。
さらに、商品代金の残額を一括で請求されます。


◇悪質な業者

現金化業者の中には悪質な業者も少なくありません。
そもそも、このような”クレジットカード現金化”事業などを、大手企業などまともな会社が行う訳がありません。

「カードで購入した商品を20万円で買取してくれると言っていたのに、手数料だ何だと言って10万円しか払ってもらえなかった」
「クレジットカードで、自分が利用してない請求がきた」

など、トラブルが頻発しています。

業者の中にはホームページで『東京都公安委員会認定』といった表示を大きく掲げている業者もいますが、
クレジットカードのショッピング枠の現金化を公安委員会が認めているということではありません。
これは、ただ単に公安委員会から古物商の認定(中古品の売買に関する許可)を受けている、というだけなのです。


◇整理手続きへの支障

クレジットカード現金化による借金は。自己破産や任意整理をする際に、借入額の免除や減額の対象にはなりません。

本来、債務整理をする際には、分割支払中の物品はカード会社から引き揚げの要請が来ます。しかし、現金化していれば当然もう手元にはないため、返品することはできません。
よってカード会社に、現金化行為がばれてしまい、規約違反の行為をしているために交渉が難しくなります。



現金化業者を使わない裏技体験談はこちら




 
クレジットカード現金化とは ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。