So-net無料ブログ作成
カードの現金化は違法? ブログトップ

「クレジットカード現金化」はどのような点が問題なのでしょうか?巷で、悪く... [カードの現金化は違法?]

唐突ですけど、最近やりきれない話題を多く目にしますね。

それでは、口コミ情報を以下に、、、

「クレジットカード現金化」はどのような点が問題なのでしょうか?巷で、悪く言われている理由がわかりません。



- 回答 -
そもそもカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。多重債務者はキャッシング枠を使い切りお金が借りられなくなってショッピング枠を使いお金を借りようとするわけです。
通常カードで10万円買い物してそれを現金化業者に買い取ってもらう際、購入金額の50%から70%程度の金額しかもらえないのです。実質キャッシング金利より高い金利を払わなくてはならず、自己破産者を増やすことになっているのです。
また、暴力団関係の資金源となっているところもあると言われているので、悪く言われるのはいかしかたないと思います。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

いかがでしたか?本日のネタは?
では、また!!




nice!(0) 

クレジットカード現金化業者の詐欺行為に注意しましょう [カードの現金化は違法?]

クレジットカード現金化サービスは非常に便利なのですが、
ご利用の際には注意しなくてはならないことがあります。


クレジットカード現金化サービスを行っている業者の中には、
クレジットカードを使った詐欺的な悪徳業者もあります。

クレジットカードを使った悪徳業者とは"買取屋"と言われるヤミ業者です。
買取屋とは、クレジットカードで高価な商品、換金しやすい商品を購入させ、
定価の3~4割で買い取って下取り業者に転売して多額の利益を得る商法です。

不当に安い価格でも買いとられるならまだよいほうで、
商品を送っても難癖を付けられて買取にも応じない被害が報告されています。
ターゲットとされるのは多重債務者です。
換金目的のカード利用は、クレジットカード会社の会員規約にも謳われていますので
やってはいけないことですが、換金しようと言うなら業者を介さなくても自分でも行えるのです。
わざわざ得体の知らない業者に関わる必要はありません。

仮に被害報告しても、本人自身が換金目的のカード利用を行っていることから、
クレジットカード会社からは会員を脱会させられることでしょう。
そうなるとクレジットカードの残債も一括返済を要求されますから、
どうあがいても不利益にしかなりません。

きちんとした買取型の現金化業者は公安委員会から認定されている
古物商の許可を取っています。
ヤミ業者ならこういった許可すら取っていないはずですから、
もしも、ご利用されるのなら前もってしっかり確認しておきましょう。
また商品を業者に発送する前ならまだキャンセルすることが出来ます。
購入商品も家電製品やブランド品などですから、
キャンセルが効くものは何としてでも購入店に返品しましょう。

さらに悪質なケースでは、カード決済だけをし、お金を振り込まないといった詐欺行為や、
クレジットカードを郵送させ換金後もカードを返却せず、
業者による限度額まで買いまわりの被害が発生するケースもあるようです。

申込みしても、通常、キャッシュバック会社が、
あなたのクレジットカードを預かるような事は絶対ありませんので
あなたのクレジットカードは第三者に必ず貸与しないようにしましょう。

このように消費者を巧みにだましたり弱みにつけこむような悪質な現金化業者や、
現金化業者を騙った詐欺が未だに存在しているのも又、事実です。

また、各現金化サービス会社のホームページを見ますと30分で振込み(現金化)が
可能というようなことが書いてある会社もありますが、
実際には2回目からだったりということもありますので
実際に申し込みする前にしっかりとご確認しておきましょう。

カード現金化業者のネット広告撤廃へ 警視庁 [カードの現金化は違法?]



みなさん、こんにちは!

シルバーウィークも、いよいよ最終日ですね、

さて、今日もニュース記事からです。


カード現金化業者のネット広告撤廃へ 警視庁

多重債務者らにクレジットカードのショッピング枠を使わせて新たな借金をさせる「カード現金化業者」について、警視庁生活安全部は16日、インターネット広告の削除などを進めるため、インターネット広告協会や日本クレジット協会などの関係機関への協力要請に乗り出した。

 カード現金化については、同庁が今年8月、全国で初めて東京都台東区の業者を「高利な貸金」と認定、出資法違反容疑で摘発し、警察庁も一部業者のサイトを削除するなどしていたが、その後もネットに広告が横行するなどしていた。

 今回、ネット広告を作成する業界やカード協会など計9団体に協力を要請。悪質業者の広告や関連サイトの撤廃に乗り出した。

 広告業界に対しては、「ショッピング枠現金化」などのキーワードを使ったサイトについての削除を要請。カード会社に対しては、ショッピング枠の現金化が規約違反であることを示して利用者に注意喚起することや、カード現金化業者を加盟店にしないための厳正な審査などを求める。

 国民生活センターによると、今年1月~5月末まででカード現金化に関する問い合わせや被害相談は、計約1400件。昨年一年間の3倍に上っている。
《以上、産経新聞ニュースより》


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら




カード現金化:無審査で即日 手軽さアピール、利用者急増 [カードの現金化は違法?]



皆さん、こんにちは!

連休ですが皆さんは楽しんでますか?

さて、今日はニュース記事から、

《カード現金化:無審査で即日 手軽さアピール、利用者急増》

クレジットカードのショッピング枠を悪用した「現金化商法」が全国で初めて摘発された。
業者らは実質的にはヤミ金並みの高金利を取り立ての必要もなく受け取るが、
ほぼ無審査で即日現金が振り込まれる手軽さをアピールし、
利用者は急増。トラブルも増える一方、
改正貸金業法で融資を受けることが難しくなった零細事業主らの受け皿になっていた側面もあり、
専門家からは、法律の問題点を指摘する声も出ている。

 「お電話を切った後、すぐにお振り込みできますよ」

 07年2月、東京都渋谷区でIT企業を経営していた男性(58)の携帯電話に、
フリーダイヤルの番号が表示された。「商品を買ってもらい、
現金をキャッシュバックします」。現金化業者を名乗る男の話に半信半疑だったが、
銀行などでは融資を受けられない状況で、つなぎ資金の数万円のため飛びついた。

 カード番号と有効期限を伝えた直後、業者から17万円が振り込まれた。
数日後には商品としておもちゃの指輪が届いた。
1カ月後、20万円をカード決済した。
「手数料」は15%の3万円。
「助かったから高いとは思わなかった」

 男性は10回程度利用し、トラブルもなかったが、経営する会社は08年に倒産した。
男性は、「利用したくなかったが、誰が貸してくれるのか。使っていなければ、もっと早くつぶれていた」と話す。

 06年に成立した改正貸金業法は、融資額を年収の3分の1に制限し、
上限金利を29.2%から20%に引き下げた。消費者金融業者の収益は急激に悪化し、
貸金業者の数は10年前の1割となる約2500程度にまで急減。
男性のような零細事業主は、新たな融資先を求めるようになった。

 こうした状況で増え始めたのがカード現金化業者。資金需要の受け皿となる一方、
年利1000%を超える暴利を得る業者も出始め、国民生活センターによると、
06年度は107件だった相談は10年度、606件に急増した。
兵庫県芦屋市のパソコンソフト開発会社社長(58)は、20万円借りる際に手数料として10万円取られた。
「足元を見られている気がした」と振り返る。

 貸金業に詳しい東京情報大の堂下浩教授は「貸金業法の改正は、
多重債務者問題の本質的な解決には結びついていない。
新たな受け皿となった現金化業者が摘発されたことで、再びヤミ金業者が増えるのでは」と指摘している。
【以上、毎日新聞ニュースより】


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら




クレジットカードのショッピング枠の現金化 [カードの現金化は違法?]

クレジットカードには、商品やサービスを購入して、後払いにする「ショッピング」の機能と、
カードを用いてお金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、
それぞれに利用できる金額枠が設定されています。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、

本来、商品やサービスを後払いで購入するために設定されている「ショッピング」枠を、

現金を入手することを目的として利用することです。

消費者庁は「クレジットカード会社はこのような使い方を認めていないため、

現金化に利用したクレジットカードは利用停止となるおそれがあります」とのみ記載しています。

しかし、現実はそんな「生やさしい」ものではありません。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」を利用すると、もし自己破産する場合に、免責不許可理由になることから、事実上破産が著しく困難になるという点が一番重要です。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は、破産法252条1項2号の「廉価処分」(信用取引によって商品を購入し著しく不利益な条件で処分)に該当します。


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら



お金に困っている人につけ込んで、食い物にする違法ビジネスです [カードの現金化は違法?]


「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は基本的に違法です。
実際に手を出すと刑事事件になる可能性もあり、逮捕されたり前科がつくかも知れません。
手を出してはいけません。

ショッピング枠の現金化は、カード利用者が転売しやすい商品(貴金属やゲーム機など)を買い、それを業者が買い取って現金を利用者に渡すという仕組みです。
はじめから転売するつもりで、カードで商品を買うわけです。
また,商品を買ったら、一定額キャッシュバックする、という形を取る場合もあります。

例えば、ガラス製のアクセサリーを10万円で買って、それを7万円で買い取ってもらいます。
この場合、購入者は10万円+分割の場合カード会社への手数料を支払いますが、手元に入るお金は7万円にしかなりません。7万円借りて10万円以上のお金を返済する借金と同じです。

また、このような行為は、クレジットカードの利用規約に違反します。カードで後日きちんと分割支払いをする意思がなければ、カード会社に対する詐欺になり、刑事犯罪にも当たる可能性があります。

さらに、このような行為を繰り返していた場合、結局支払えなくなっても、自己破産をして免責される、という方法が採れない場合もあります。
詐欺的な方法で与信を受けた場合には、その債務は免責されないことがあるからです。

ショッピング枠の現金化には多くのリスクがあります。
お金に困っている人につけ込んで、食い物にする違法ビジネスだということを、知っておいてください。

 


クレジットカード現金化は違法 [カードの現金化は違法?]


ついにクレジットカードの現金化業者が、貸金業法違反として業者が逮捕されたとの報道がなされた。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する手法で高金利の融資を行ったとして、警視庁生活経済課などは5日、東京都板橋区仲宿、元現金化業者で飲食店経営、容疑者(41)を出資法違反(高金利の受領、脱法行為)容疑で逮捕した。業者側は商品売買を装うことで融資には当たらないとしていたが、警視庁は商品はほぼ無価値で実質的な貸し付けにあたると判断した。カード現金化業者の摘発は全国初になるという。

クレジットカードのショッピング枠を現金化(換金)する商法には主に2つのタイプがあります。

いわゆる、買取型とキャッシュバック型とです。

 

まず買取型はいわゆる取り込み詐欺を周旋するもので、よそから買った商品を買い取ることで現金を渡す。

 

キャッシュバック型は、業者自身が無価値品を売却することで、売買代金の幾ばくかをキャッシュバックとして現金で渡すというもの。

 

いずれも商品購入代金がクレジット決済されるので、利用者は割り引かれた額を手にし、後に購入代金を支払うというカタチで借金をするわけです。


クレジットショッピングの形態をとっているから、直接の貸金契約にはならない、と業者側は主張しているが、

しかし、実質的に利用者は高金利の借金を背負うのと同じであり、行為という点では闇金と全く同じである。

 

より悪質なのは、闇金の場合焦げ付きリスクを自ら引き受けるのに、現金化業者はそのリスクをクレジット会社に押し付けていることだと思います。


このことを法的に解釈すると、闇金は単なる貸金業法違反だが、現金化業者はそれとともにクレジット詐欺の共犯として、詐欺罪が成立する可能性もあります。


買取型の場合は、クレジット詐欺ないし横領をするのが利用者で、現金化業者はその幇助又は教唆にとどまるかもしれません。

 

これに対してキャッシュバック型の場合は、無価値品の売買を仮装してクレジット会社の立替金を詐取しているのが現金化業者そのものであり、これに対する利用者は正犯というよりむしろ幇助にとどまると考えられます。

 

ですから、今回摘発・逮捕のキャッシュバック型現金化業者は、利用者を摘発しなくとも、クレジットカードの現金化商法が出資法違反となりうることについては、出資法7条の規定に基づいて、実質的な貸付行為と認定し、出資法5条違反に問うことができると判断したものだと思います。


あるいは、そもそも5条違反の罰則規定には脱法行為を幅広く捉える追加条文が8条にあるので、7条を介することは不要なのかもしれません。



カード現金化の裏技口コミはこちら



<カード現金化>無審査で即日 手軽さアピール、利用者急増 [カードの現金化は違法?]


クレジットカードのショッピング枠を悪用した「現金化商法」が全国で初めて摘発された。

業者らは実質的にはヤミ金並みの高金利を取り立ての必要もなく受け取るが、
ほぼ無審査で即日現金が振り込まれる手軽さをアピールし、利用者は急増。
トラブルも増える一方、改正貸金業法で融資を受けることが難しくなった零細事業主らの受け皿になっていた側面もあり、専門家からは、法律の問題点を指摘する声も出ている。

【ニュースの一報】カード売買装い貸金 元現金化業者逮捕

 「お電話を切った後、すぐにお振り込みできますよ」

 07年2月、東京都渋谷区でIT企業を経営していた男性(58)の携帯電話に、フリーダイヤルの番号が表示された。「商品を買ってもらい、現金をキャッシュバックします」。現金化業者を名乗る男の話に半信半疑だったが、銀行などでは融資を受けられない状況で、つなぎ資金の数万円のため飛びついた。

 カード番号と有効期限を伝えた直後、業者から17万円が振り込まれた。数日後には商品としておもちゃの指輪が届いた。1カ月後、20万円をカード決済した。「手数料」は15%の3万円。「助かったから高いとは思わなかった」

 男性は10回程度利用し、トラブルもなかったが、経営する会社は08年に倒産した。男性は、「利用したくなかったが、誰が貸してくれるのか。使っていなければ、もっと早くつぶれていた」と話す。

 06年に成立した改正貸金業法は、融資額を年収の3分の1に制限し、上限金利を29.2%から20%に引き下げた。消費者金融業者の収益は急激に悪化し、貸金業者の数は10年前の1割となる約2500程度にまで急減。男性のような零細事業主は、新たな融資先を求めるようになった。

 こうした状況で増え始めたのがカード現金化業者。資金需要の受け皿となる一方、年利1000%を超える暴利を得る業者も出始め、国民生活センターによると、06年度は107件だった相談は10年度、606件に急増した。兵庫県芦屋市のパソコンソフト開発会社社長(58)は、20万円借りる際に手数料として10万円取られた。「足元を見られている気がした」と振り返る。

 貸金業に詳しい東京情報大の堂下浩教授は「貸金業法の改正は、多重債務者問題の本質的な解決には結びついていない。新たな受け皿となった現金化業者が摘発されたことで、再びヤミ金業者が増えるのでは」と指摘している。
〔ヤフーニュース〕




クレジットカード現金化の裏技体験談はこちら




クレジットカードの現金化、トラブル急増で取り締まりへ [カードの現金化は違法?]


クレジットカードのショッピング枠を現金化する「カード現金化業者」について、
金融庁と経済産業省、警察庁は「貸金業」とみなし、
ヤミ金と同じ違法な無登録業者として取り締まる方向で検討に入った。


無価値な商品を利用者に販売するという「物販」を隠れみのにしているため、
これまで貸金業法や出資法の適用対象外と解釈され、
取り締まる法律がなく、野放し状態となっている。

関係省庁は、業務内容が実質的に貸金業にあたると判断した。
実際、取引上は物販を装っているが、利用者は現金入手が目的で、
実質的には借り入れと変わらない。

さらに業者が丸々手にする手数料は、
商品購入からカード会社に代金を支払うまでの間の金利にあたるとみている。

手数料が購入代金の15~20%程度としても2カ月程度のわずかな期間のため、
年利では出資法で定めた上限金利(20%)をはるかに超える違法な取引となる。

このため、現金化業者を登録が必要な貸金業者とみなせば、
貸金業法の「無登録」に加え、出資法違反で摘発ができるとの判断を固めた。

国民生活センターによると、
カード現金化に関する相談件数は4~11月ですでに昨年度の1・4倍の336件に急増。
「入金されない」「キャンセルできない」などの相談が相次いでいる。
[産経新聞]


現在、営業しているカード現金化業者の換金率は80%前後がほとんどです。
悪質な業者にいたっては、換金率90%以上と表記していながら、
後から様々な手数料が掛かかり実際は70%を切る所もあります。
表記された換金率を信じて一度申込してしまうと、
なかなかキャンセルに応じてくれません。

ご注意下さい。


現金化業者を使わない裏技体験談はこちらをご覧下さい




 
カードの現金化は違法? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。