So-net無料ブログ作成
検索選択

クレジットカードの現金化会社選びのコツ [クレジットカード現金化・体験談]

◇適正なキャッシュバック率
キャッシュバック率(換金率)は高い方がいいですが、あまりに高いところは
何かしらの理由があると考えて避けるべきです。

多くの現金化サービス会社は85%前後です。仕組み上97%以上はありえません。
なぜかと言えば、クレジットカード会社に支払う手数料は安くても3%だからです。

還元率が、98.5%や99%ですと、現金化サービス会社が
クレジットカード会社に支払う手数料だけで赤字になってしまうからです。

ですので、これ以上の数字を提示している会社は、よく分からない手数料を引かれる、
金融へ流されるなど、悪徳業者に当たる可能性もでてくるので注意しましょう。


当然、現金化サービス会社も利益がなければなりたたないビジネスですし、
競争相手もいるので各会社によって還元率は変わってきます。
利用する側とすれば当然多くの現金が手に入るほうが良いのですが、
キャッシュバック率の高さだけで選んでしまうと危険です。

優良な会社はキャッシュバック率が、75%から85%前後の会社とまずは考えてください。
現金化サービス会社で60%以下の率の会社は、単純に利益ばかり考えている
目に見える不誠実な会社なので注意しなければなりません。

少々怪しいと考えご注意した方が良いかと思います。
それでも、特別なキャンペーン時や詳細条件などしっかり明記してあるようなら
問題なく利用してもよい現金化サービス会社もあります。

クレジットカード現金化サービスに限ったことではありませんが、
良いサービスには適切な価格があります。
キャッシュバック率にはくれぐれもご注意して下さい。

現金を振り込まない現金化サービス会社や還元率に満たない金額しか振り込まない会社も
少なからず存在します。老舗店・店舗有など優良・安心できるお店選びが大切です。


◇振り込み金額の明記
ほとんどの場合は、クレジットカード決済が終わったのを確認してからお金が振り込まれます。
しかし振り込まれた金額が予定より少なかったとしたらどうでしょうか?

クレジットカード会社に返済する金額は変わらないのに、受け取った金額だけが違います。
よくあるのが手数料として引かれる場合です。

サイトに記載されている情報だけでなく、
実際にいくら振り込まれるのか金額を必ず確認しましょう。


◇買取は避ける
 クレジットカードの現金化には、
 "商品を買い取るタイプ"と"キャッシュバック"のタイプがあります。

 提示金額と支払い金額が違うのは、買取タイプの方に多く見られます。
 買取の場合は商品に問題があるとして安くされる事がよくあります。

 80%を提示していたのに、指定された商品を持っていったら
 50%や30%でしか買い取ってくれなかったなどです。

 もちろんそんな会社ばかりではありませんが、キャッシュバックの方が危険性は低いといえます。
 キャッシュバックだからといって安心という訳ではないので、しっかりとした確認は必要です。
 商品を買い取るタイプの申し込みは必ずやめることを推奨します。

クレジットカードの現金化のチラシがポストに 入ってました。還元率?【体験談】 [クレジットカード現金化・体験談]

それでは、今日はクレジットカード現金化の体験談の情報を以下に、、、

クレジットカードの現金化のチラシがポストに
入ってました。還元率?現金になるのですか?
チラシって怪しい??



- 回答 -
私もちょこちょこ利用してます。ちなみにチラシの業者はどうだか・・。
申込み電話(メール)から30分位以内には振り込まれます。

過大広告で90%~よくありますが、実際はどこの業者も70%以上だと思いますね。

振込手数料はしかたないにしても、よく分かからない手数料とか引かれて、60%~言うところもありましたがさすがにこれは断りました。

まず90%以上で還元してくれるのは業者の手間も考えたらそれなりの金額ウン百万利用しないとあり得ないと思います。

還元率も最低でも80%以上ですし手数料も一切取られません。対応も良いのでよく利用しています。
総合するとどこも還元率はあまり変わりません。手数料で多少の金額がかわるなという印象です。
手数料は頂かないと書いておきながらも、結局は手数料引かれるところもあります。
いままで変な対応の業者はほとんどありませんでしたから一度電話してみる事が一番です。

よくない事とはわかっていても急ぎな用には対応してもらえるので重宝してます。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

それでは、みなさん、また!!

クレジットカード現金化と悪徳業者 [クレジットカード現金化・体験談]

クレジットカード現金化ではたしかに悪徳業者は実在します。

噂が広がれば、社名を変えてまたオープンをしてしまえばわかりません。

手数料をたくさんとる業者もあれば、振込金額が全然違う、中には振込がされないという悪徳なものまで。
しかし、こんな業者ばかりではなく、信頼と実績のある優良老舗業者もたくさんあります。

キャッシュバック率が多少低いとしても、トラブルにならないため、しっかり配慮しているところもあります。
色々なシステムで安心出来る状態を考えているなら、それなりに費用もかかるのでキャッシュバック率が低いのも納得できるのではないでしょうか。

たくさんあるからこそ、やはり悪徳業者を自分で回避していくことも大切です。
今お金がすぐに必要だから、目の前に合ったクレジットカード業者を利用する。
一番高キャッシュバックのクレジットカード業者を選んで利用する。
そうではなく、ほんの少ししかいない悪徳業者を選ばないためには、きちんと比較をして納得できる業者を選ぶことが大切です。


怪しい手数料などをきちんと確認しましょう!
乱立状態と言えるほど無数にあるクレジットカード現金化業者。
それぞれによって、キャッシュバック率が違うように、その中身も違います。
そのひとつが手数料です。

「手数料」は、今の世の中ではよく耳にしますよね?

クレジットカード現金化でも、カード決済手数料や振込手数料、事務手数料、商品発送手数料や送料などなど…
たくさんのものを付加している業者があります。

たとえ95%と高キャッシュバック率だったとしても、実質この手数料が10%であれば85%になります。

同様に、高キャッシュバック率だけを見て、申し込みをしたら振り込まれたのは50%ほどだった…ということも。
すぐに問い合わせをしてみたら、色々な訳のわからない手数料がたくさんついていたなんてこともあります。
もちろん、確認をしなかった自己責任にもなってしまうのです。

そのため、80%くらいのキャッシュバック率を見てちょっと…と思う前に、手数料を含めて比較するようにして下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。