So-net無料ブログ作成
検索選択

キャッシュバック方式 [ショッピング枠現金化の方法]

クレジットカードショッピング枠を現金化する方法には、主に「キャッシュバック方式」をとっている業者と「買取(質入)方式」をとっている業者があります。

キャッシュバック方式は、クレカ現金化の業者がカード会社の加盟店になっている場合のみ成立する方法です。

買い取り方式では、クレジットカードのショッピング枠で実際に限度額いっぱいまでの商品を購入して、その商品を業者が引き取り、商品代が支払われて現金化することが出来ます。

対して、キャッシュバック方式では、現金化業者の扱う商品を”なんでもいいので”買ったことにして、カード決済をすることでカード会社から代金の立替金が加盟店である現金化業者に支払われ、この立て替え金の一部がクレジットカードのショッピング枠の現金化という形で支払われます。現金化業者の手数料は業者によって異なります。

業者が利益を高く取るために、カードで買った商品に価値はほとんどないことが普通です。悪質な業者の場合は、売上伝票だけが存在し、商品は全く存在しないケースもあるそうです。また、クレジットカードの現金化詐欺が多いのもこの方式です。

商品買取方式の場合は、第三者の加盟店から実際に商品を購入して、現金化業者に商品を渡し、現金を受け取るので、代金は後払いなどと言われなければ、商品と引き換えに現金を手にすることが出来ますし、商品の引渡し前であれば、最悪でも商品は手元に残りますが、キャッシュバック方式の場合には、一般に商品にほとんど価値がないことに加え、カード会社からの立替金を現金化業者が先に受け取ってしまいます。

現在インターネットで広告を出しているほとんどの業者はキャッシュバック方式の業者です。前述したような詐欺会社は少ないでしょうが、消費者金融などの貸し金の利息に比べて負担が重いことに変わりありません。

クレジットカードの不正利用(現金化)について質問です。 カード発行元(VISA・銀行...

最近結構忙しくて、すこーし疲れてます、、、、

さてさて、
本日の話題なんですが、

クレジットカードの不正利用(現金化)について質問です。


カード発行元(VISA銀行発行)の判断で過去のクレジット利用が現金化とみなされ、 現在クレジット機能が利用不可となった場合…


今後懸念される事案(金融機関の個人情報への影響
ローン融資を受ける際への影響等)を、考えられる限りご教示頂けませんでしょうか?

また、不正利用の事実が無効(クレジットカード再利用化)になるには、どの程度期間が必要でしょうか?

宜しくお願い致します。


- 回答 -
クレジットカードの現金化等の不正利用はカード契約規約に違反になりますのでカード会社がその事実を判明した場合カードの強制解約の措置が取られます。カードは当然利用は出来ず信用情報にも傷が付く結果になります

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

では、また!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。