So-net無料ブログ作成

クレジットカード現金化について質問です。 実際利用しようと思い、、


みなさん、おはようございます!

本日の話題は「Yahoo知恵袋」からの引用です。



クレジットカード現金化について質問です。

実際利用しようと思い、
この知恵袋などで書き込みを見たところ、
業者さんが書き込んでいたり…
自作自演…
など、よく見かけます。
そこで、業者さんではなく、
お客さんとして本当に利用した事がある方!
ぜひご回答ください。

①現金化して本当に良いのか
②利用したことのある業者さん
③利用してみてどうだったか

よろしくお願いします。



  • 回答 -


ショッピング枠の現金化で一番ポピュラーだったのは、新幹線のチケットを購入→金券ショップへ持ち込む手段です。
しかし、最近はカード会社(特にJCB)が現金化に対し警戒を強めているため、回数券を頻繁に購入、または大量購入するとカード停止となり、
一括返済などのペナルティが課せられるようになってしまいました・・。その代替えとして自分はブランド物の購入→質屋へ転売、パソコン等の電化製品を購入、転売し現金化を行っていましたが、最近は不況の煽りのせいか、かなり買い叩かれるようになり、割に合わなくなってきています。。
現状で、換金率も高く利用停止などのデメリットを回避できる、もっとも最適の手段は現金化業者と言われる、専門の会社に任せることです。
課金率は80%程度ですが、電話やメールだけで利用できるため、時間的なロスもありません。

現金化の対して批判的な意見も多いですし、勧めるつもりもありませんが、
実際に困っているならば、自己責任の範疇で利用するのはありだと思います。
ちゃんと返済できるのならば他人に迷惑をかけることもありませんし、カード会社的にもありがたいことじゃないでしょうか。。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

いかがでしたか?本日のネタは?
では、また!!


クレジットカード現金化詐欺に騙されないように


クレジットカード現金化で優良サイトを選ぶ場合に
比較する一つのポイントとなるのがキャッシュバック率です。

クレジットカード現金化で利用者は現金を入手することが目的なので、
キャッシュバック率が多ければ多いほど良いと考えていると思います。

しかし、それは間違いで詐欺を行う業者に十分に注意し見極める事が重要です。

比較的優良な会社はキャッシュバック率が7割から8割に集中しているようです。

クレジットカード現金化で9割以上の会社は、
まず最初に詐欺を警戒した方が良いかと思います。

もちろん該当する全ての業者がそうであるとは、限りませんが、、、

クレジットカード現金化に限った事ではありませんが、
どんなサービスでも適切な価格というものがあると思います。
キャッシュバック率が9割以上では、業者側にはほとんど利益が残らないはずです。

キャッシュバック率と詐欺にはくれぐれもご注意して下さい。

また、詐欺ではなくても手数料などがかかり、
最終的には7割程度になる場合も多いので、
クレジットカード現金化を行う際には手続きのときの電話で必ず、
実際に振り込まれる金額を確認するようにしましょう。
出来れば、メールで証拠が残るような形で金額を確認できるとベストだと思います。


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら



悪徳業者の見分け方 口コミ


悪質な業者はどのような業者なのか?!どのように見分けるのか?!
 
◆悪徳業者の見分け方

クレジットカード現金化で最も気になるのは、何でしょうか?

・キャッシュバック率?

・個人情報の漏洩?

・振込まれるスピード?

3つとも重要な事ではありますが、特にキャッシュバック率を追い求めすぎると危険な罠に嵌まることになります!

高キャッシュバック率を求めれば求めるほど悪徳業者が、待っています!

・キャッシュバック率?
キャッシュバック率が例えば90%還元率の場合100,000円で90,000円がキャッシュバックされるという事です。
現金化には、最低でも次の3つの費用が業者側に掛かります。
①クレジットカード会社の手数料(約3~7%、仮に5%で100,000円の場合は5,000円)
②もれなく型キャッシュバック方式の業者の場合、ダミー商品の送料が必要(送った証明が必要なので宅配便約500円)
③振込み手数料(都銀の場合は420円)
この3つで、5,920円掛かる訳ですので、90%で還元したら人件費や宣伝費など考えると確実に赤字になるわけで、
90%のキャッシュバック率など、あり得ないのです。
業者に問い合わせしたら「当店は90%です!」「当社は85%です!」と、何のためらいもなく言いきる業者は、
確実にトラブル(振込まれない、或いは、入金額が言ってた金額から大幅に少ない、など)になると考えられます。


クレジットカード現金化は利用するカード会社にもよりますが、還元率は70%~80%が平均的なキャッシュバック率と考えてたほうがいいです。


・個人情報の漏洩?

商品を送らない業者!商品を送ってこない業者!
キャッシュバック方式の現金化は、必ず商品を受け取らないとキャッシュバック方式の現金化は成立しません。
商品を送らずにお金だけを振り込む業者は、トラブルになる原因の一つです。
たとえばカード会社からすると商品を受け取らないのはおかしな話なので、のちにカード会社とのトラブルになります。

カード決済利用明細書を送ってこない業者!
買った商品に対してキャッシュバックしてもらうサービスなので、通信販売のお店から必ず明細書がメール又は郵送でカード決済利用明細が送られてくるのが常識、ご利用明細書を送らない業者は何を購入してキャッシュバックしてるのかが不透明、もしカード会社から何を購入したかを聞かれた場合に何を買ったか解らないは通用しない、明細書が送られてこないと金額の確認もできないのでトラブルになる場合があります。



・振込まれるスピード?

現金化業者から素早く入金されるのが、クレジットカード現金化の便利な点のひとつなので、
利用者の希望時間に入金してもらえるのが、安心ですしそうでないと現金化する意味が無のかもしれません。


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら



最近クレジットカードの現金化をしました、あまりにも手数料が多かったのですが...


皆さん、こんにちは!

今日は、口コミ体験談を取り上げてみます。


最近クレジットカードの現金化をしました、あまりにも手数料が多かったのですがどこの業者さんも同じなんですかね・・・・
現金化をはじめてしたのですが10万円のカード決済をして振り込まれたのは振込み手数料など色々引かれて70%位でした(決済額のです)3万円損してるのですが正直お金に困っていたのでしかたなく了承して利用しました。
少しでも手数料?70%以上で現金化できる業者さんとかもあるのですかね?ちなみにホームページには95%って記載されてたんで申し込んだんですけど、なんだかんだ話が進んでいくうちにこの金額になりキャンセルするのも不安だったしお金も必要でしたので納得してしまいました。
やっぱりこれが普通なでしょうか?それとも私が利用した業者がたまたま率が悪い業者なだけ?



  • 回答 -


みなさんが言ってるようにやめたほうが一番いいんですけどね、自分もですがお金に困ってるとどうしようもできなくなって現金化したりしますね。70%ならいいですよまだ、自分は50%とか経験ありですよ・・・・・。ひどい業者なんてたくさんありますから怖いですよ。今は一応最低でも80%の現金化屋さん使ってます、どちらかと言えば自分はほかの回答者さん達みたいにお金にしっかりしてそうな人間じゃないので、みなさんとは違った回答ですがお力になれればと思いますのでどうぞ!
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

じゃあまた!!



クレジットカードの延滞



クレジットカードの延滞とは?
クレジットカードの延滞とは、クレジットカード入会時に取り決めたクレジットカード利用代金の支払期日までにその代金を支払っていない状態のことです。
要するに代金未払い状態のことです。


延滞は2年に渡って記録され続ける
この延滞はたとえ代金を後に返済した後でも、一度記録されてしまうと約2年間に渡り、信用機関に保存されます。
その為、今後住宅ローンなどを利用したい方などは、できる限り一度の延滞も記録されないように、クレジットカードの利用代金が引き落とされる銀行口座にはある程度ゆとりを持たせておくことが必要だと思います。


延滞が記録されたしまったら
「延滞が記録されてしまった」という場合でも、よほど頻繁に延滞を繰り返さない限りはそれほど心配することはありません。
一般的に、誰でも銀行口座の残高確認をうっかり忘れてしまうことはあることです。

そのため1度くらい延滞が記録されていても、それほど大きな影響はないと考えて問題ありません。
但し延滞は延滞でも3ヶ月以上に渡って返済を滞らせているような状況になると、これは事故として扱われるので、あくまでこのケースで話しているのは返済が1週間程度遅れる延滞の場合のみです。

延滞が記録されてしまったら、その後2年間程度は、もう一度延滞が発生しないように、細心の注意を払うようにしましょう。


申し込みブラックの場合の融資口コミ


申し込みブラックとは、短期間に3社以上の金融機関にキャッシング(融資)などを申し込んだ場合に、受付を拒否されることをいいます。


消費者金融など金融機関への申し込み時に、金融業者は信用情報を情報機関に開示請求します。

ほぼ同時期に3社申し込めば3回開示されるといった具合です。

たとえば、数日のうちに3社連続で申し込んだ場合、

申込者が多重債務者になるリスクがあると考え、実際お金を借りていなくても、

金融業者は融資を敬遠するようになります。

この履歴は1ヶ月前後残ってしまうので、必要な時にお金を借りたいと思っても

借りれないという状況になってしまうのです。


そこで、よく利用されるのがクレジットカード現金化です。

ショッピング枠残高のある有効な本人名義のクレジットカードと

本人確認のための身分証明書があれば、誰でも審査なしで、

即日に現金を手に入れることができます。



クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で、

業者がネットで販売する商品を購入し、その特典として、キャッシュバックされる

というシステムです。

手数料込みの実質還元率はおおよそ70~90%になります。


商品の特典なので、借り入れではなく、ショッピングになります。

そのため、個人信用情報機関に借金としての記録は残りません。

もちろん、返済はカード会社へ一括・分割・リボ払いのいずれかを選択する必要が

あります。


万が一、お金が必要でキャッシングなどで数社同時に申し込んでしまって、

申し込みブラックのため融資を受けられなくなった時に

ショッピング枠現金化はお金を調達する裏技のひとつといえるでしょう。



97%以上のキャッシュバック表記は要注意!


クレジットカードのショッピング枠を現金化する専門業者を使うと、
一時的に現金を手にすることができます。

しかしその際、消費者金融と同程度の利息(20%台)となるためには、
キャッシュバック率が96%以上でなければならず、
謳い文句にあるような「消費者金融よりお得」なケースは
かなり少ないと言えます。

もし、97%以上と表記している業者がある場合は逆に要注意です!

なぜかというと、カード会社と加盟店との契約上、
売上の3%は手数料として、カード会社に取られるからです。

この手数料は、加盟店手数料やカード手数料と呼ばれるもので、
カード会社の利益となるものです。
この手数料は業者により異なりますが、一般的な加盟店は5%前後であり、
安くても3%ということを考えると、
97%以上のキャッシュバックを掲げることには無理があるのです。

現金化業者は広告を出して営業している以上、
その費用は回収しないといけませんし、
当然儲けも出さないといけません。
それ以上すると赤字になるのですから、商売になりません。

この矛盾がある為に、
「申し込んでみたが、書いてあったキャッシュバック%よりも全然少ない額しか支払われなかった」
というケースは多いのではないかと推測されます。

ポイント還元と同様に
「高キャッシュバック率=優良・お得」と思ってしまうかもしれませんが、
客寄せの為に、実際とは異なる不当表示をしている業者、
と考える方が事実だと思います。

また、換金目的でのクレジットカードの利用は
カード会社の会員規約に反することから、
会員資格の剥奪や即時弁済を迫られる等、
予想もしないような不利益を招いてしまう可能性があります。
ここが一番重要なポイントですが、
残念ながら一般にはあまり知られていないようです。

 
以下、JCCA 日本クレジットカード協会のサイトから

・ 最近、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」等とうたった広告が、新聞、雑誌、看板、インターネット等で多く見受けられ、決済にクレジットカードが利用されていることがあります。
・ このような取引行為は換|金目的であり、会員規約に抵触することから、カード業界ではこれらの利用を禁止しています。
・ もしこのような取引行為をされますと、退会の手続きをとらせていただくこともあります。
・ また、会員の方ご自身が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、決して利用しないでください。



現金化業者を使わない裏技体験談はこちら



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。