So-net無料ブログ作成

クレジットカードの延滞



クレジットカードの延滞とは?
クレジットカードの延滞とは、クレジットカード入会時に取り決めたクレジットカード利用代金の支払期日までにその代金を支払っていない状態のことです。
要するに代金未払い状態のことです。


延滞は2年に渡って記録され続ける
この延滞はたとえ代金を後に返済した後でも、一度記録されてしまうと約2年間に渡り、信用機関に保存されます。
その為、今後住宅ローンなどを利用したい方などは、できる限り一度の延滞も記録されないように、クレジットカードの利用代金が引き落とされる銀行口座にはある程度ゆとりを持たせておくことが必要だと思います。


延滞が記録されたしまったら
「延滞が記録されてしまった」という場合でも、よほど頻繁に延滞を繰り返さない限りはそれほど心配することはありません。
一般的に、誰でも銀行口座の残高確認をうっかり忘れてしまうことはあることです。

そのため1度くらい延滞が記録されていても、それほど大きな影響はないと考えて問題ありません。
但し延滞は延滞でも3ヶ月以上に渡って返済を滞らせているような状況になると、これは事故として扱われるので、あくまでこのケースで話しているのは返済が1週間程度遅れる延滞の場合のみです。

延滞が記録されてしまったら、その後2年間程度は、もう一度延滞が発生しないように、細心の注意を払うようにしましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。